月別アーカイブ: 2014年7月

Pa Ola Hawaii 練習会2014 ご報告

去年、日本で開催させて頂いたワークショップのフォローアップとして各地で開催させて頂いた練習会は、多くの方にご参加頂き、大盛況のうちに終えることが出来ました。

ワークショップの後から練習会当日に至るまでに感じたこと、学んだこと、様々な変化などをシェアして頂き、私もとても感慨深かったです。また、ご参加頂いた方から嬉しいご意見や感想を直接伺うことが出来たのも嬉しい収穫でした。クラス外の時間にもお話をする機会が持て、以前にもまして皆さんのことを知る機会をもつことが出来たのも嬉しかったです。お時間を割いて下さった皆さん、ありがとうございました。

練習会の開催に際しホストして下さった方々、練習会にご参加頂いた皆さん、施術にきて下さった方々、また今回はご参加頂けなかった方々も含め、多くの方にここで改めて感謝の気持ちを伝えさせて頂きたいと思います。

どなたか、お1人が欠けても実現することの出来なかった素晴らしい機会でした。多くのことを学び、経験させて頂きました。どこへ行っても、皆さんから沢山のことを頂くばかりで、感謝の言葉以外出てこない、とても幸せな時間でした。また、皆さんの笑顔に触れ、ハグをすることが出来たのも、とても嬉しかったです。本当にありがとうございました!!

ここに、感謝を込めて、報告をさせて頂きたいと思います。

本当に、本当にありがとうございました。

また、皆さんの笑顔と会えることを心から楽しみにしています。

練習会にご参加頂いた方々と…(順に、長野、岡山、東京)

IMG_9059IMG_9073画像 023画像 025IMG_9449

 

ロミロミを学ぶ心構え

IMG_0040 copyロミロミのワークショップに関わらせて頂くようになり、色々なご質問や相談を頂くことが多くなりました。
ここでは、私がハワイで現地のロミロミをする方々と共に過ごし、学ばせて頂いた経験を踏まえた上での自分の意見としてお伝えさせて頂きたいと思います。
クムの方々は、全ての生徒さん1人1人に分け隔てなく、全身全霊で教えていらっしゃいます。
それは1日だけのワークショップであっても、3〜5日間のワークショップであっても、長期にわたるクラスであっても同じです。
その証拠に、クムは生徒さん1人1人のことを驚くほど、よく覚えていらっしゃいます。
ロミロミというのはハワイの伝統文化の1つであり、日本の華道や茶道、または日本舞踊や歌舞伎などにあたるような歴史あるものです。
そのため、そのクムから学ぶ者も全身全霊で真剣に学んでいます。
人種や年齢の分け隔てなく、皆一様に同じスタイルでクムから学んでいます。
また生徒が、そのグループの名前が入った服を着たり、クムの名前を他の人にお伝えする時は、それなりの覚悟と誇りを持って行なっています。
グループの名前の入った服を着ることは、そこの教えを理解し、実践できる者と見なされます。そこのグループの看板を背負っているのと同じだけの意味があります。
また、他の方に自分のクムの名前をお伝えするのは、自分の由来や家系を伝えるのと同じ重みがあるもので、クムの名前によって、相手はその人を判断します。
つまり、クムはその人の言動に対して全責任を負う覚悟で教えていらっしゃることになります。
その人が、どのような意向や経緯があっても、その人の言動によって何か不和や不調和が生じた場合、最終的に責任をとるのはクムになります。
それだけの覚悟で教えていらっしゃるのが、クムです。
伝統文化を学ぶ世界では、1人のクムに就いて、きちんと学び終えるまでは、他のクムにはいかないのが常識です。
何かの理由で他のクムから学びたい場合は、自分が教えて頂いているクムにお話をし、学びに行く許可を頂き、自分が学びに行きたい先のクムにお話を通して頂くのが習わしです。
そのため、自分1人の意向でコロコロとクムを変えたり、同時期に色々なクムのクラスやワ−クショップをとることは失礼にあたります。
習い事の1つ、という感覚でロミロミを習いにいらっしゃる日本の方を時々おみかけします。
このようなことを知らずにされている行為だとは思いますが、せめて聞いて頂けたら…と思うことが、しばしばあります。
ハワイの伝統文化というのは、日本の伝統文化のように、”見て、学ぶ”という形式をとっています。
そのため、細かい決まり事などを誰かが教えてくれるものではありません。
自分で見て、学んでいくものです。
その上でどうしても分からないことは、誰かに質問しても構いません。
それは古い考え方や古いやり方だと言われたら、その通りです。
ですが、それを貫いているからこそ、今まで受け継がれてきたのであり、また学ぶ者も自然と淘汰されていくものだと感じています。
真剣な厳しい世界ではありますが、愛情にあふれた素晴らしい世界でもあります。
ロミロミという伝統文化を学ぶ者の1人として、以上のことをご理解頂いた上で学んで頂けたら、有り難い次第です。